Requires a javascript capable browser.

外壁・屋根リフォームをするならお任せ下さい!住まいの外装リフォーム専門店 GAISO(ガイソー)周南店

周南店
0120-394-246 コロナウイルス感染症の対策について ガイソーについて はじめにお読みください 会社案内 スタッフ紹介 リフォームの流れ ガイソーのこだわり 手塗りローラー工法 バイオ高圧洗浄 リフォームメニュー 外壁塗装キャンペーン メンテナンス 施工事例 お取り扱い商品
おすすめ外壁塗料
おすすめ屋根塗料
おすすめ外壁・屋根塗料
外壁サイディング
屋根カバー工法
お役立ちコラム お問い合わせ 見積り依頼★好評 来店予約★好評 資料請求 オンライン相談 メール相談 カンタン見積り君 外壁・屋根診断 雨漏り診断 ボランタリーチェーン加盟店募集 メニューを閉じる
住まいの外装リフォーム GAISO(ガイソー) トップブログ > 周南市の外壁塗装でモルタル外壁の下塗りと木製部分の塗装
ブログ
周南市の外壁塗装でモルタル外壁の下塗りと木製部分の塗装
2021年09月11日
本日の現場ブログでは、周南市で行っている外壁塗装の様子を紹介します。

これまで行った作業の様子を紹介したブログもありますので、よろしければご覧ください。
高圧洗浄とクラック(ひび)補修の様子はこちら
周南市の外壁塗装で塗装の質を高める下地処理
モルタル外壁に塗料を塗っていきます。
下塗りの塗料には、微弾性フィラーを使用します。
微弾性フィラーは、弾性のある塗料なので、新しくクラックができたとしても塗膜が伸びて追従し、外壁の表面に割れ目が現れるを防いでくれます。
補修効果もあり、幅が0.3mm以下のクラックなら、そのまま塗装しても大丈夫です。

モルタル外壁が傷んでいると、塗料を吸い込んでしまい下塗り塗料の役割を果たせなくなるため、傷みの程度によっては下塗りを2回行うこともあります。

フィラー以外にはどんな下塗り材があるのか?
下塗り材の種類について
塗料はローラーで塗っていきますが、ローラーで塗りにくい細かい部分にはハケを使って塗装します。
手作業で塗料を塗っていくので時間はかかりますが、厚くしっかりとした塗膜を形成できるというメリットがあります。
ローラー工法以外にはスプレーガンを使った吹き付け工法があります。
下塗りが終わったら、しっかりと乾燥させてから中塗りを行います。

ローラー工法と吹き付け工法、それぞれのメリット・デメリットはこちら
吹き付け工法と手塗りローラー工法とは
木製の軒天を塗装していきます。
木製部分には、木材専用の塗料を使用します。
外壁用の塗料は表面に膜をつくり保護しますが、木材用の塗料は木材の内部に浸透して腐食・防カビ・防虫効果を発揮し保護します。
しっかりと塗料を塗っていきます。
外壁塗装の主な目的は建物の保護です。
たとえ傷やひび割れなどの目に見える劣化がなかったとしても、外壁塗装は必要です。
表面に現れていないだけで確実に劣化は進行しているのです。
早めに塗装することで外壁の劣化を抑制でき、建物を長持ちさせることができます。
そのため、定期的な点検・メンテナンスを行いましょう。

モルタル外壁のメリット・デメリット、塗り替えの必要性についてはこちら
モルタル壁の塗り替えについて

周南市で外壁・屋根の塗装を検討されている方は、ガイソー周南店までお気軽にお問い合わせください。
来店予約 実際に商品が見たい、相談がしたい方はコチラ! ご来店予約でQUOカード1,000円分プレゼント!
お見積依頼 お見積もりはもちろん無料。まずはご予算を知りたい方はコチラ! 外装リフォーム専門家ならではのプランをご提案!