Requires a javascript capable browser.
周南店
0120-394-246 コロナウイルス感染症の対策について ガイソーについて ガイソーのこだわり 店舗を探す リフォームメニュー メンテナンス 施工事例 お取り扱い商品 お客様の声 お問い合わせ ボランタリーチェーン加盟店募集
住まいの外装リフォーム GAISO(ガイソー) トップブログ > 下松市の方へ、漆喰の剥がれについて
ブログ
下松市の方へ、漆喰の剥がれについて
2020年06月22日
瓦屋根の漆喰が剥がれているのが気になっているという方はいませんか。
屋根をじっくりと観察することはほとんどなく、漆喰の劣化に気づかなかったり、気づいていてもそのままにしている、そもそも漆喰が何なのか分からないという方もいると思います。
本日のブログでは、下松市の方へ、瓦屋根の漆喰について紹介します。


漆喰は、屋根の頂上部分である棟の棟瓦の下に塗られているセメントのような白い建材で、瓦の固定に使用されます。
屋根材や板金などと同様に漆喰も月日が経つにつれて劣化していきます。
劣化により、漆喰にひびが入ったり、剥がれると、瓦を固定する力が弱くなり、地震や強風で瓦がズレやすくなります。
漆喰の剥がれや瓦のズレから雨水が浸入して、雨漏りの原因になってしまうため、漆喰にひびが入ったり剥がれていないか定期的に点検する必要があります。
漆喰の劣化を早めに補修することで、雨漏りのリスクを下げることができます。


漆喰工事には、漆喰の状態に合わせて、2種類あります。
・漆喰詰め直し工事
漆喰の劣化が軽微な場合に行います。
既存の漆喰を取り除いて、新しい漆喰を塗る工事です。
適切な厚さで漆喰を塗ることが大切で、厚く塗りすぎると直接、雨水が漆喰に当たってしまい雨漏りの原因になってしまいます。


・棟瓦取り直し工事
漆喰の劣化が激しい場合に行います。
棟瓦を取り外して、新しい漆喰で棟瓦を設置しなおす工事です。
漆喰詰め直し工事と比べて大掛かりな工事になってしまい工事費用が高くなってしまうため、漆喰の劣化が軽微な時に漆喰詰め直しを行うことでメンテナンスにかかる費用を節約できます。

漆喰の劣化が軽微な場合であっても、ご自分でするのはやめてください。
漆喰を厚く塗りすぎると雨漏りの原因になり、薄すぎると漆喰がすぐに剥がれてしまい、漆喰を適切な厚さで均一に塗ることは一般の方では困難です。
また、屋根からの落下の危険性や瓦を割ってしまう可能性があるため、専門の業者に任せましょう。


漆喰の剥がれは、雨漏りにつながってしまうため、早めに点検や補修を行いましょう。
下松市で屋根の漆喰が気になる場合には、ガイソー周南店までお気軽にお問い合わせください。
来店予約 実際に商品が見たい、相談がしたい方はコチラ! ご来店予約でQUOカード1,000円分プレゼント!
お見積依頼 お見積もりはもちろん無料。まずはご予算を知りたい方はコチラ! 外装リフォーム専門家ならではのプランをご提案!