Requires a javascript capable browser.
周南店
0120-394-246 コロナウイルス感染症の対策について ガイソーについて ガイソーのこだわり 店舗を探す リフォームメニュー メンテナンス 施工事例 お取り扱い商品 お客様の声 お問い合わせ ボランタリーチェーン加盟店募集
住まいの外装リフォーム GAISO(ガイソー) トップブログ > 下松市で築15年経過した外壁の調査、塗装時期の目安「チョーキング」の発生
ブログ
下松市で築15年経過した外壁の調査、塗装時期の目安「チョーキング」の発生
2021年10月22日
下松市にお住まいのお客様より「外壁の色が薄くなって汚れが目立つので、そろそろ塗装した方がいいのか」と、外壁についてのご相談をいただき、調査に伺いました。
本日の現場ブログでは、下松市で行った外壁の点検・調査の様子を紹介します。
新築から15年程度経過して、きれいだった外壁が色あせて汚れが目立つようになったことが今回、お問い合わせのきっかけになっています。
一度も塗装をしていないとのことなので、外壁の塗膜が劣化していることが想定できますが、塗膜の劣化以外に異常がないか調査を行い、現状にあった工事を提案させていただきます。

「外装リフォーム時の現場調査」はこちらをご覧ください
外壁の状況です。
外壁の色褪せは、紫外線や風雨などが原因となって外壁表面の塗膜が劣化することで起きます。

外壁の塗膜は、美観を良くするだけでなく、紫外線や風雨から外壁を保護する役割があります。
塗膜が劣化すると防水性が低下して、外壁材に雨水が浸透しやすくなったり、内部に雨水が浸入してしまう可能性があります。
それ以外にも、カビや藻などが繁殖しやすくなったり、汚れが付着しやすくなります。
そのため、外壁塗装で防水性を回復させる必要があるのです。

「外装リフォームの目的とは」はこちらをご覧ください
塗装時期の目安となる「チョーキング(白亜化)」という現象も起きていました。
チョーキングは、外壁を触ったときに手に白い粉のようなものが付着する現象で、白亜化現象とも呼ばれます。
塗膜の樹脂が分解され、顔料が露出することで起こります。
塗膜の劣化の目安がチョーキングで、この現象が発生していた場合は塗り替えを検討する時期と言えます。

「外壁の塗り替え時期を指すチョーキング現象とは」はこちらをご覧ください
外壁の継ぎ目に充填されているコーキングも劣化して、ひび割れたり、外壁材から剥がれていました。
コーキングは防水のために充填されているので、劣化すると隙間から雨水が浸入してしまい、建物の劣化や雨漏りの原因になります。
外壁の中でも重要な部位なので、外壁塗装の際にはコーキングを補修する必要があります。

「外壁の耐久性を高めるコーキング、その役割とは?」はこちらをご覧ください
お客様に外壁の状況をご報告し、新築から10年以上が経過しており、塗膜やコーキングの劣化が進んでいることから、外壁塗装工事とあわせてコーキングの打ち替え工事を提案させていただきました。

私達「ガイソー」では、新型コロナウイルスの感染対策として、マスクの着用やソーシャルディスタンスを保つ対応を行っております。
下松市で外壁塗装をご検討の際には、ガイソー周南店までお気軽にご相談ください。

「メールでのお問い合わせ」はこちらから
来店予約 実際に商品が見たい、相談がしたい方はコチラ! ご来店予約でQUOカード1,000円分プレゼント!
お見積依頼 お見積もりはもちろん無料。まずはご予算を知りたい方はコチラ! 外装リフォーム専門家ならではのプランをご提案!