Requires a javascript capable browser.
周南店
0120-394-246 コロナウイルス感染症の対策について ガイソーについて ガイソーのこだわり 店舗を探す リフォームメニュー メンテナンス 施工事例 お取り扱い商品 お客様の声 お問い合わせ ボランタリーチェーン加盟店募集
住まいの外装リフォーム GAISO(ガイソー) トップブログ > 防府市で屋根カバー工法を検討されている方へ
ブログ
防府市で屋根カバー工法を検討されている方へ
2020年07月13日
 本日のブログでは、防府市の方へ屋根カバー工法についてお伝えします。


屋根は紫外線や風雨、熱などにより徐々に劣化していき、色あせて見栄えが悪くなったり、屋根材がズレたりひび割れるなどの被害が出て、いずれは雨漏りが起きます。
雨漏りが起きると、天井にシミができたり、ひどくなると天井が剥がれてしまうこともあります。
また、木造住宅であれば柱などの建物の構造を腐食させるなどの重大な被害にもつながってしまいます。

ただ、雨漏りが軽度な場合にはそういった被害が表に出ることは少なく、重症化して雨漏りに気づいた時には被害がかなり進行していたということも少なくありません。
雨漏りを未然に防ぐために、定期的な屋根点検やメンテナンスが大切です。
屋根のメンテナンス方法でおすすめなのが、今回、防府市の方へお伝えする屋根カバー工法です。


屋根カバー工法は、既存の屋根の上から新しい屋根をかぶせる工事です。
スレート屋根(カラーベスト)の上に金属屋根(ガルバリウム鋼板)をかぶせるのが一般的です。
古くなった屋根材を剥がして新しい屋根を葺く「屋根葺き替え」と異なり、既存の屋根材を剥がす必要がないので撤去費用や廃材処分費がほとんどかからず工事費用と工事期間を抑えることができます。
新しい屋根材に金属屋根材を使用することで雨音が大きくなったり熱くならないか心配になる方もいるかもしれませんが、最近の金属屋根材には裏側に断熱材が貼り付けられているため、心配する必要はありません。

ただし、屋根カバー工法は既存の屋根の下地を利用する工事なため、屋根の下地が傷んでいる場合には施工できず、その場合には屋根葺き替えを行う必要があります。
また、既存の屋根が瓦の場合にも不向きです。


・屋根カバー工法の流れ


1.棟板金の撤去
屋根カバー工法では既存の屋根材は剥がしませんが、棟板金や雪止めなどは撤去する必要があります。


2.ルーフィング(防水シート)の敷設
屋根の低いところから高いところに向かって防水シートを敷きます。
この防水シートが最終的に雨水を防いでくれます。


3.屋根材の施工
新しい屋根材に使用されるのはガルバリウム鋼板などの金属屋根材が大半です。
ガルバリウム鋼板はアルミニウムや亜鉛などでメッキ加工されている鋼板で、錆に強く、耐久性に優れています。


4.棟板金の取り付け
屋根の棟(頂上部分)に棟板金を取り付けます。
固定には錆びにくいステンレス製のビスを使います。


5.完成
屋根カバー工法の完了です。


いつの間にか雨漏りしていたということにならないためにも、しっかりと屋根点検やメンテナンスを行いましょう。
防府市で屋根点検や屋根カバー工法を検討されている方は、ガイソー周南店までお気軽にお問い合わせください。
来店予約 実際に商品が見たい、相談がしたい方はコチラ! ご来店予約でQUOカード1,000円分プレゼント!
お見積依頼 お見積もりはもちろん無料。まずはご予算を知りたい方はコチラ! 外装リフォーム専門家ならではのプランをご提案!