Requires a javascript capable browser.

外壁・屋根リフォームをするならお任せ下さい!住まいの外装リフォーム専門店 GAISO(ガイソー)周南店

周南店
0120-394-246 コロナウイルス感染症の対策について ガイソーについて はじめにお読みください 会社案内 スタッフ紹介 リフォームの流れ ガイソーのこだわり 手塗りローラー工法 バイオ高圧洗浄 リフォームメニュー 外壁塗装キャンペーン メンテナンス 施工事例 お取り扱い商品
おすすめ外壁塗料
おすすめ屋根塗料
おすすめ外壁・屋根塗料
外壁サイディング
屋根カバー工法
お客様の声 お問い合わせ 見積り依頼★好評 来店予約★好評 資料請求 オンライン相談 メール相談 カンタン見積り君 外壁・屋根診断 雨漏り診断 ボランタリーチェーン加盟店募集 メニューを閉じる
住まいの外装リフォーム GAISO(ガイソー) トップブログ > 下松市で外壁・屋根の無料点検、サイディングを留める釘の緩みを発見
ブログ
下松市で外壁・屋根の無料点検、サイディングを留める釘の緩みを発見
2021年11月09日
下松市にお住まいのお客様より、外壁と屋根の無料点検のご依頼がありました。
同じ時期に建てられた近隣のお宅が徐々に塗装などの外装リフォームをされていることから、そろそろメンテナンスをしようと思われたそうです。
本日の現場ブログでは、下松市で行った外壁と屋根の無料点検の様子を紹介します。
外壁に使用されていたのは、窯業系サイディングでした。
窯業系サイディングは多くの一般住宅で使用されている外壁材で、表面の塗膜が劣化すると雨水が浸透しやすくなるため、塗り替えによるメンテナンスが欠かせません。

外壁の状態を確認してみると、外壁の塗り替えを検討する時期を示す「チョーキング」という現象が起きていました。
チョーキングは、外壁を触ると画像のように白っぽい粉が付く現象で、塗膜が劣化して塗料に含まれる顔料(色成分)が露出することで起きます。
チョーキングの発生は、塗膜が劣化しているということで、塗り替えのサインになります。

「外壁の塗り替え時期を指すチョーキング現象とは」はこちらをご覧ください
サイディングを留めている釘が緩んでいる箇所がありました。
サイディング外壁はボード状の外壁材を釘やビス、専用の金具などで固定する外壁になります。
サイディングの厚みが14mmのものでは、胴縁という下地に釘で留められています。
この釘は、経年劣化や地震などの振動で徐々に緩んだり抜けてしまい、隙間ができると、雨水が浸入して外壁材の劣化や内部の腐食、雨漏りにつながります。
シーリング(コーキング)に亀裂や剥がれが見られ、劣化していました。

サイディング外壁では、画像のように外壁材と外壁材との間にシーリング材という建材が充填されています。
シーリングには雨水の浸入を防ぐという役割があり、劣化していると雨水の浸入を防げず、雨漏りの原因になってしまいます。

シーリングは重要な部位ですが、外壁の中でも劣化しやすい箇所なので注意する必要があります。

「外壁の耐久性を高めるコーキング その役割とは?」はこちらをご覧ください
屋根はスレート屋根でした。
スレート材は、セメントと繊維質材料を混ぜて薄い板状に加工した屋根材です。
こちらも窯業系サイディングと同じように屋根塗装などのメンテナンスが必要になります。

「スレート屋根の塗装について 塗装時期と正しい塗装」はこちらをご覧ください
スレート屋根は、色褪せて白っぽくなっており、ヒビが入っている箇所もありました。
この状態だと防水機能が低下しているので水はけも悪くなっており、劣化しやすく、苔やカビなどの繫殖しやすくなっています。

お客様に外壁と屋根の状況を報告し、外壁は「外壁塗装」、屋根は「屋根塗装」と「屋根カバー工法」の複数のプランをご提案させていただきました。
屋根カバー工法は、既存の屋根の上に新しい屋根を被せる工法です。新しい屋根材を使用することから耐久性が高く、既存の屋根材を撤去しないので費用を節約できるため、おすすめのリフォーム方法になります。

「耐久性バツグン!屋根のカバー工法」はこちらをご覧ください

ガイソー周南店では外壁・屋根の点検や見積もりは無料で行っておりますので、是非、ご利用ください。
来店予約 実際に商品が見たい、相談がしたい方はコチラ! ご来店予約でQUOカード1,000円分プレゼント!
お見積依頼 お見積もりはもちろん無料。まずはご予算を知りたい方はコチラ! 外装リフォーム専門家ならではのプランをご提案!